私たちは、量子力学や統計物理の方法を用いて、 主に物性基礎理論ならびにその応用に関する研究を行っています。 特に最近話題となっている、ナノスケールの系、 強相関電子系、冷却原子系などに見られる 興味深い諸物性をミクロな観点から解明すべく、「強い相関を持つ 量子多体系の理論」を展開しています。これらを研究する方法として、 平均場近似、摂動展開などのオーソドックスなものや、 共形場理論、厳密解、ボゾン化法などの低次元系 に有効な方法も用いています。また、このような解析的な手法の他に数値的な手法を用います。


物性物理学にはホットでチャレンジングな話題が盛りだくさんです。 私たちは、これらの物理学の基本に関わる問題を取り上げるとともに、 新しいテーマを随時とりいれ、最先端の物性理論の研究を めざしています。最近取り上げているテーマの例として

フラストレーション系やモット絶縁体などにおける電子相関効果
冷却フェルミ原子系におけるモット絶縁体・超流動転移
ナノスケールの系での量子現象
低次元量子スピン系の臨界的性質・動的性質
乱れた相関電子系の物性


などがあります。